• 道路用
    水性ナノ塗料

    ナノR/ナノ・クールR

  • NANO R.H 道路用ハード
    水性ナノ塗料

    ナノR.H

  • NANO A建築用
    水性ナノ塗料

    ナノA/ナノ・クールA

  • NANO S船舶用
    水性ナノ塗料

    ナノS/ナノ・クールS

  • エコライト保安用水性ナノ
    蓄光塗料

    エコライト

  • キンレスコート水性ナノ
    除菌工法

    キンレスコート

  • ハードナノコート水性ナノ・薄層
    カラー舗装工法

    ハードナノコート

  • セーフティコート水性ナノ
    再帰反射工法

    セーフティコート

水性ナノ蓄光塗料

水性ナノ蓄光塗料エコライト
日光や電灯の光を蓄え、蓄えた光を暗所で発光させる蓄光塗料。
暗闇での安全確保や避難サイン、保安製品など様々な用途で使用可能。

水性ナノ蓄光塗料エコライトの特徴
  • Point 01 Eco friendly
    環境にやさしい水性塗料で、有害物質やVOCは一切含んでいません。

  • Point 02 Special recipe
    特殊な製法で、蓄光材を均等に塗布することで斑のない光を放出。

  • Point 03 Strong adhesion
    ガラスやタイル・陶磁器等まで強力な接着力を発揮。

  • Point 04 Outstanding weather resistance
    屋外の使用に耐える2層コーティングで抜群の耐候性。

ナノ・ア・コートロゴ エコライトの特性
  • 長時間にわたる発光効果

    エコ・ライトは太陽光・蛍光灯などの光を蓄え、暗闇での発光時間が
    約11時間という計測結果が出ています。

  • 無害・無放射性で安全

    エコ・ライトは使用している蓄光顔料は放射性物質を全く使用しておらず
    衣服等への塗布も可能です。

  • 屋内・屋外と問わず塗装可能

    エコ・ライトは塗料で蓄光顔料を保護するため、塗る場所を選びません。
    屋内の避難サインや、屋外での看板等幅広い用途で使用できます。

  • 塗布面素材を選ばない

    エコ・ライトは銅、アルミニウム、ガラス、木材、さらには衣服等にも強力に接着し
    膨れ・はがれ等がありません。

エコ・ライト発光比較
  • 塗料比較塗料比較
  • 保安塗装 発光例保安塗装発光例
  • エコ・ライト製品 発光例エコライト製品 発光例
エコ・ライトカラー
赤・オレンジ・青・ライトグリーン・白 ・グリーン

※カラーバリエーションとして、6色をご用意しております。
独自色は、配合はできませんので、ご注意ください。

使用法と注意
  • 01施工する際は、被塗布面の汚れ等を充分に除去し乾燥させてください。
  • 02前工程が乾燥状態であることを確認し、原液を薄く伸ばして塗布してください。
  • 03油性塗料のように、原液を薄めたりしないでください。
    原液を薄めると塗料の性能が落ちて、塗装の仕上がりが安定しません。
  • 04塗料を塗布する前に、容器を振って十分に攪拌を行ってください。
  • 05水性塗料用ローラー、又は刷毛で施工してください。(吹付塗装も可能です。)
  • 06乾燥時間(指触15~30分・完全乾燥24時間以上)が目安です。現場に応じて行ってください。
  • 07外気温が0℃以下の場合や相対湿度が80%以上の場合は、施工を中止してください。
  • 08エコ・ライトの付着した面に他社の塗料を塗装する場合は、はじきを生じる場合がありますので注意してください。
  • 09エコ・ライトを塗り重ねる場合、追っかけ塗装も可能です。
  • 10施工時に他へ飛散する恐れがあります。非塗装面・周辺は十分に養生を行ってください。
  • 11残った塗料は容器のキャップを軽く締め、上部を押しながら容器内の空気を抜いてください。
    その後、直射日光・低温・高湿の場所を避けて保存してください。
  • 12錆等の処理は完全にケレンして、塗布面が完全に乾燥した状態で塗布してください。
  • 13使用期限は、製造日より約1ヶ月となっております。
    製造後1ヶ月を過ぎますと固形化し使用できなくなりますのでご注意ください。
照射試験
品 番 粉 色 発光色 時間/残光輝度(mcd)
EL-1 ライトグリーン 1分後 10分後 60分後
4100 570 115
成分/その他
成 分 励起波長 発発光ピーク 比 重 耐熱温度
Mo・Al2O3 : Eu 200~450nm 490nm 3.6g/cm2 250℃
Mo・xAl2O3 : ySiO2EuM 520nm
塗装性能
試験項目 結 果 試験規格
塗装作業性 良好 JIS K 5970に準拠
塗膜の外観 良好 JIS K 5970に準拠
初期乾燥によるひび割れ抵抗性 異常なし JIS A 6909に準拠
耐摩耗性 5mg JIS K 5970に準拠
耐衝撃性 異常なし JIS K 5970に準拠
耐水性 異常なし JIS K 5970に準拠
耐アルカリ性 異常なし JIS K 5970に準拠
ホルムアルデヒド放散量 不検出 JIS K 5970に準拠
塗装仕様
工程 使用塗料 塗装方法 塗回数
(回)
塗布量
(㎏/㎡/回)
塗面積
(㎡/袋)
塗装間隔(20℃)
工程内工程間歩行可能
素地調整 ■改修の場合
はがれかかった既存塗膜や付着不良の既存塗膜は完全にケレン除去する。ケレンによってコンクリート等の地肌が出た場合はあらかじめ補修塗りする。表面にワックスがある場合ははく離剤などではく離させ、水洗いを十分にして、乾燥し清浄な面にする。
■コンクリート面の場合
新打設のコンクリート面では、夏季30日以上、冬季40日以上養生乾燥させ(モルタル面では夏季14日 以上、冬季20日以上)、表面層の水分率5%以下(デジタル水分計)とする。表面層にレイタンスや緻密層があると付着不良の原因になるため、必ずポリッシャー又はライナックス等でプライマーが含浸する下地面になるまで目荒らしを行い、次いで丁寧に清掃する。既設モルタル·コンクリート面では油分·ゴミ·ほこり·泥などを丁寧に除去·清掃し、充分乾燥させる。また、クラック·不陸などはあらかじめ充填しておく。
下塗り ※1 スプレー 1~2 0.15~0.2 40~50   1h以上
12h以内
 
中塗り エコ・ライト
10㎏
スプレー 2~3 0.3〜0.5 10〜20 1h以上 1h以上 2h以上
上塗り トップコート
10㎏
スプレー 1〜2 0.3〜0.5 20〜30 1h以上   2h以上