• 道路用
    水性ナノ塗料

    ナノR/ナノ・クールR

  • NANO R.H 道路用ハード
    水性ナノ塗料

    ナノR.H

  • NANO A建築用
    水性ナノ塗料

    ナノA/ナノ・クールA

  • NANO S船舶用
    水性ナノ塗料

    ナノS/ナノ・クールS

  • エコライト保安用水性ナノ
    蓄光塗料

    エコライト

  • キンレスコート水性ナノ
    除菌工法

    キンレスコート

  • ハードナノコート水性ナノ・薄層
    カラー舗装工法

    ハードナノコート

  • セーフティコート水性ナノ
    再帰反射工法

    セーフティコート

NANO A/NANO COOL A

建築用水性ナノ塗料 ナノA/ナノ・クールA
環境にやさしく、光沢があり、水アカがつきません。
太陽光の近赤外線による室内の温度上昇を
独自の組合せ工法により抑制します。

建築イラスト
ナノ・クールA(温度抑制) /ナノA(非温度抑制)の特徴
  • Point 01 Special manufacturing method
    特殊な製造方法による「ナノ化水性塗料」で
    多種多様な素材に強力な接着力を発揮。

  • Point 02 I do not use organic compounds
    有機化合物を一切使用しないことで、塗装時から臭気も無く
    安心して塗装可能。

  • Point 03 Insulating, quick-drying antifouling excellent
    優れた防汚性・速乾性・絶縁性を持つ、多性能塗料。

  • Point 04 Inhibitory effect of large temperature
    断熱効果材・遮熱効果材・熱変換材を組み合わせた工程で
    大きな温度抑制効果を発揮します。

ナノ・ア・コートロゴ ナノ・クールA(温度抑制) /ナノA(非温度抑制)の特性
  • 汚れ・水アカがつかない

    ナノ・クールA及びナノAは、塗膜表面に光沢があり防汚性と
    防カビ機能を持たせています。汚れやかびなどを発生させず
    塗膜の表面を長期間にわたり保護します。

  • 超速乾性

    ナノ・クールA及びナノAは、速乾性に優れており、塗装工程・塗装作業時間を短縮し経費の削減にも効果があります。

  • 優れた難燃性

    ナノ・クールA及びナノAは、350℃の耐熱性を有することで建築物の木材・サイディング等の各種建築材料を燃えにくくします。

  • 室内温度・表面温度を下げる

    ナノ・クールAは太陽熱を抑制する効果があり、最高で15℃も表面温度を下げ夏場の負担を軽減し室内の冷房効果を大幅にアップします。

家アイコン ナノ・クールA(温度抑制)/ナノA(非温度抑制)
ナノ・クールA(温度抑制)塗装の概要ナノ・クールA(温度抑制)塗装の概要2
温度抑制効果(屋外試験)
使用法と注意
  • 01施工する際は、被塗布面の汚れ等を充分に除去し乾燥させてください。
  • 02前工程が乾燥状態であることを確認し、原液を薄く伸ばして塗布してください。
  • 03油性塗料のように、原液を薄めたりしないでください。
    原液を薄めると塗料の性能が落ちて、塗装の仕上がりが安定しません。
  • 04塗料を塗布する前に、容器を振って十分に攪拌を行ってください。
  • 05水性塗料用ローラー、又は刷毛で施工してください。(吹付塗装も可能です。)
  • 06乾燥時間(指触15~30分・完全乾燥24時間以上)が目安です。現場に応じて行ってください。
  • 07外気温が0℃以下の場合や相対湿度が80%以上の場合は、施工を中止してください。
  • 08ナノ・クールA及びナノAの付着した面に他社の塗料を塗装する場合は
    はじきを生じる場合がありますので注意してください。事前テスト塗装を行ってください。
  • 09ナノ・クールA及びナノAを塗り重ねる場合、追っかけ塗装も可能です。
  • 10施工時に他へ飛散する恐れがあります。非塗装面・周辺は十分に養生を行ってください。
  • 11残った塗料は容器のキャップを軽く締め、上部を押しながら容器内の空気を抜いてください。
    その後、直射日光・低温・高湿の場所を避けて保存してください。
  • 12錆等の処理は完全にケレンして、塗布面が完全に乾燥した状態で塗布してください。
塗装性能
試験項目 結 果 試験規格
低温安定性 合格 塊がなく、組成物の分離及び凝集がないこと。
初期乾燥におけるひび割れ抵抗性 合格 ひび割れがないこと。
付着強度・標準(N/mm2) 1.0 0.5N/mm2以上
付着強度・浸水後(N/mm2) 0.6 0.3N/mm2以上
透水性A法 8 10.0mm以下
耐洗浄性 合格 はがれ及び摩耗による基板の露出がないこと。
耐衝撃性 合格 ひび割れ、著しい変色及びはがれがないこと
耐アルカリ性(A法) 合格 ひび割れ、はがれ、膨れ及び軟化溶出がなく
浸さない部分に比べてくもり及び変色が著しくないこと。
耐候性(A法) 合格 ひび割れ及びはがれがなく
変色の程度がグレースケール3号以上であること。
塗装仕様
工程 使用塗料 塗装方法 塗回数
(回)
塗布量
(㎏/㎡/回)
塗面積
(㎡/袋)
塗装間隔(20℃)
工程内工程間歩行可能
素地調整 ■ 外壁改修・屋根改修の場合
クラック、鉄筋の露出、漏水などの部分に適切な処理を施す。
劣化塗膜をケレン工具(皮 スキ・ワイヤーブラシ等)で除去し油分や
汚れなどを高圧水洗で取り除き乾燥した清浄な面とする。
下塗り 標準プライマー10kg
または
コンクリートプライマー10kg
ハケ
ローラー
1~2 0.15~0.2 40~50   1h以上
12h以内
 
上塗り トップコート
10㎏
ハケ
ローラー
2 0.3〜0.5 20〜30 1h以上   2h以上